« 準決勝 | トップページ | 納骨 »

2017年3月24日 (金)

プエルトリコ

WBC準決勝、日本残念でした。ただ、点差以上の差を感じる戦いでした。その次の日の決勝も見ましたが、胸を打たれたのは、敗れたプエルトリコチームの勝者を讃える姿勢です。試合終了後、 モリーナキャプテンをはじめ選手たちが、ライン際まで出てきて、喜ぶアメリカの選手たちに拍手を送り続けていたのでした。彼らの眼はうっすらと潤んでいるようにも見えましたが、素晴らしい精神です。その姿は今回のWBCで一番美しい光景でした。日本チームもかくありたいですね。

|

« 準決勝 | トップページ | 納骨 »