« カストリ書房 | トップページ | いよいよ »

2017年2月13日 (月)

告別

F643efb1bbf54fd8975993698ba90852

昨日は、釜井ちゃんの告別式に参列するため栃木に行っておりました。大学時代に出会って、練馬のおもだか荘で文豪と3人で一緒に住んだり、かれこれ20年以上の付き合いになるわけですが、未だに死んじゃったという実感がわきません。最近は、年に1回か2回あって、馬鹿話をする付き合いを続けてきたこともあり、まだひょいと現れて来そうな気がするんです。それと、年齢も40歳をすぎて、もうしばらくしたら、また会えるかなというのも、そんな気にさせるのもしれませんね。それにしても、ハゲボンこと釜井ちゃんには、散々イタズラや悪口を言いました。学生時代、釜井ちゃんのぼろアパートの風呂に鯉を放したり、やりたい放題でしたが、怒ったのは1回だけでしたね。おもだか荘時代、旅行会社に勤めはじめて、夜更かしばかりの釜井ちゃんは、目覚まし時計が必須だったのですが、その頃何もしてなかった私は、朝にがさごそ釜井ちゃんが準備するのが五月蝿いので、寝ている間に、目覚ましの時計を3時間ぐらい遅らせたんです。目覚まし時計は7時を指してますが、実際に鳴るのは10時ということです。いざ、目覚ましが鳴って、何も知らない釜井ちゃんは、毎朝テレビをつけて準備をするんですが、当然7時だと思って、テレビをつけたら、いつもやっている情報番組がやっていないので、おかしいと思ったんでしょうね。私もその時には起きていて、笑っていたら、釜井ちゃんが、「シャレにならねぇーよ」と、切れ気味に声をあげたんです。釜井ちゃんは襟が黄ばんだ汗臭いシャツを着て、壊れそうな原チャリで会社に向かって行きました。その後、一緒に各地で悪さをしましたが、とにかく、温厚で、人の悪口を言わない、仏のような側面を持つ男でした。人の良さが、彼の寿命を縮めちゃった面もあったでしょう。私の悪行も心にダメージを負わせていたことでしょう。寂しがり屋の男ですから、仲間を待って三途の川のほとりでもじもじしているかもしれませんが、迷わず彼岸に行って、待っていろと言いたいですね。合掌。

|

« カストリ書房 | トップページ | いよいよ »