« 肖像 | トップページ | サヨナラパーティー »

2013年2月17日 (日)

読書

このところ寒いこともあり、あまり遠出はせず、家で原稿を書いたり、今年中にまとめることになっている作品に関する資料を読んだりしています。そんな中、開高健さんの「ずばり東京」を手に取ったのですが、面白いです。様々な文体の短編のルポが詰まっていて、ついついひきこまれてしまいます。それと同時に、開高さんの作品と比べることがおこがましいですが、自分の発表している作品が駄文の山のように思えてくるのが偽らざる感想です。今さら己の未熟さを嘆いたところで、どう仕様もないので、とぼとぼ、よろよろやっていくしかないですね。

|

« 肖像 | トップページ | サヨナラパーティー »