« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

写真美術館

土曜日、日曜日、大磯の早坂邸にて合宿。月曜日、午前中から都内で撮影、その後上原と合流し恵比寿の写真美術館へ行くが、休館日ということで、入り口でがっくり。仕方ないので三越前のカフェにて、ケーキを頬張りながら、数時間の雑談。後日、改めて来るということで、午後5時解散。それから聴き舎、諸々の話で店内は盛り上がりをみせ、12時前に帰宅。

|

2011年6月19日 (日)

静養

昨日、今日と先日買ったimacのセットアップをしていたのですが、これが手こずりました。慣れた人なら数時間で終わらせてしまうのでしょうが、元々機械音痴でせっかちな性格なため、何度もOSを入れなおす羽目になり、時にはぶっ壊そうかという気にもなりながら、何とか終わらすことができました。静養する予定が、いらいらの日々となってしまった次第です。ただimacは非常に優秀でサクサク動いてくれるので、快適です。苦労した甲斐がありました。長い付き合いにしたいです。

|

2011年6月17日 (金)

浪江町

L1015204_3

Leica M8 Summilux50mm f1.4

福島での取材をはじめて2ヶ月、原発事故はまだまだ納まる気配ではないですが、取材の方は進展し一冊の写真集としてまとめる話も決まりました。今月中にまた福島を訪ねてまとめ取材をしようと思っています。考えてみれば、2月のマレーシア、3月のネパール、4月のタイとほとんど休みなく貧乏暇無しで働いていたので、さすがにちょっと休養します。フリーの人間は何もしていないよりは、現場に出ている方が、よっぽど精神的にも良いのですが、オーバーワーク気味でした。今回取材していたのは福島県の浪江町、福島県内でも放射線の数値が高い土地です。ほとんどの住民が避難している中、残っていた人々がいました。それは酪農家の人々でした。「牛を見捨てて逃げられねぇ」牛の避難先が決まるまで、彼らはその土地に住み続けていたのです。もちろん放射線の恐怖はありました。しかし、そこに人が暮らしている以上、彼らの生活ぶりや思い、その土地の風景を写真におさめたいという気持ちが恐怖心を上回り、現地に通い続けました。まだまだ取材は続きますが、今回の取材では、三瓶さん、今野さん一家に大変お世話になりました。この方々の物心両面のご協力により、取材を続けることができました。まだ何の恩返しもできていませんが、兎に角ありがとうございました。福島だけでなく、ちょこっと回った宮城でも感じたのは、被災した方々の心の優しさでした。厳しい状況下にあるにもかかわらず、助けてもらったり、励ましてもらってしまった次第です。またお邪魔しますので、その際はよろしくお願いいたします。

|

2011年6月14日 (火)

気仙沼

L1017716

Leica M8 M-Rokkor28mm f2.8

4月20日から福島で取材を初めてから、津波で被害で受けた宮城県の沿岸を訪ねていなかったのですが、今回福島での取材がひと段落したので、気仙沼、南三陸、女川などを駆け足で訪ねてきました。気仙沼では、ご親族を津波で亡くされた伊藤さんという方に、いろいろと案内していただいたうえに、震災以後お休みしている伊藤さんが経営しているバーに泊めていただいたりと大変お世話になりました。気仙沼の被災地を歩いていた時のこと、どこからともなく歌声が聞こえてきました。よく耳を澄ますと、歌はプリンセス・プリンセスの「M」でした。いつも一緒にいたかったではじまる有名な歌ですが、声の主は誰かに思いを馳せながら歌っていたことでしょう。思わず、足を止め聞き入ってしまいました。その時思ったのは、歌が人の心を癒すということがあるのだなということです。カメラを片手に福島をはじめ被災地を歩き続けている僕は、彼女の歌のように人の心を癒すどころか、傷口をただほじくり返しているだけなのではないか。それでもカメラを向けることしかできないので撮り続けますが、そんなことを震災から3ヶ月目の3月11日に感じた次第です。

|

2011年6月 9日 (木)

東北

今日からまた取材で東北をまわって来ようと思います。宮城や岩手にはまだ足を運んでなかったので、行きたいと思っています。できれば青森までと思ってますが、時間が限られているので行けるかわかりません。4月半ばからはじめた福島取材の成果をただいま発売中のニューズウィーク日本版で発表していますので、ご覧いただければ幸いです。

|

2011年6月 7日 (火)

パソコン

以前からデスクトップのパソコンを買い替えないとなぁと思っていたところ、昨日アップルストアーをのぞいていたら、ついついパチッとクリックしちゃいました。今使っているパソコンはHDD80GB、メモリーが512MBの8年ものなので、このところ頻繁にフリーズし作業に支障をきたしていました。買ったのは整備品ということで、新品ではないこともあり安く購入できました。大事に使いたいと思います。その前に、作業部屋が相変わらず足の踏み場もなく、机も不要なものでいっぱいなので設置する場所がありません。まずは掃除ですね。

|

2011年6月 3日 (金)

福島の犬

L1015528_2

Leica M8 M-Rokkor28mm f2.8

福島から帰ってきました。ほとんど人がいなくなっても、残された犬が町の中を歩いていました。飼い主がいなくなっても、夜になると犬は飼われていた家に帰って寝ています。こうした犬の健気な行動を見て、犬を愛する人の気持ちがわかったような気がします。小学生の頃、一度犬を飼ったことがあったんですが、ジョンと名付けた犬は、数ヶ月で我が家を脱走し、二度と帰ってくることはありませんでした。よっぽと我が家が嫌だったんでしょうね。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »