« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

Dscn0124_2

photo  Rudra Khadka

ネパールガンジというネパールの西にある町にいます。先日は、インド国境まで足を運んできました。こちらはでは洪水で道路が封鎖されたりして、何日も足止めをくったりして、思うように取材が進まず、予定をオーバーしてネパールに滞在しております。もうしばらくネパールにいることになりそうです。新たに興味深い取材テーマも見つかり、やはり現場に足を運ぶことが大事だなと思い知らされた次第です。ネパールガンジでは友人のルドラの家に滞在しています。来年、ネパールは観光イヤーだということで、今日は朝からホテルでそれに関するミーティングが行われました。おいしい食事が出ると言われ、のこのこついて行ったら、日本から来ているジャーナリストということで、10分ほどの講演をいきなり依頼されました。突然そんなことを言われてもと思ったのですが、ルドラの手前断るわけにもいかず、過去のネパールの旅の思いでなどを含めて、外国人の目から見たネパールの魅力などを話しました。ネパール語の講演はさすがに初めてだったのですが、場内の笑いも誘うことができ、上々だったと思います。その後の食事は高級ホテルのレストランらしく上品な味付けでおいしかったです。ちなみに写真はインド国境の村へ向かう時、真夜中に途中の町につき、ホテルが全部しまっていて、あえなく病院に泊めてもらった時のものです。消毒液他、異臭がすごくて、まともに眠れなかったですが、ルドラはその匂いと僕のイビキでほとんど眠れなかったと嘆いていました。病院に泊まったのは初めての経験でしたが、翌朝には病院を紹介してくれたオヤジから法外な料金を請求されるなど、ネパールではトラブルが語源だとも言われるトラベルを堪能しています。オヤジは一喝して、こらしめておきました。

|

2010年9月20日 (月)

世界の屋根ヒマラヤ山脈の向こうから、一心に我らが黄金町球団ゴールデンタウンの勝利を念じていましたが、早坂監督代行から残念なメールが届きました。悲願の二回戦突破はならなかったとのこと。桑野遊撃手は乱闘騒ぎを起こし、退場処分となったとの情報も入ってきました。今回も取材の間隙をぬって、はせ参じたかったのですが、さすがにこちらからは厳しく、ただただ念ずるのみでしたが、その願いも届きませんでした。残念な結果に終わってしまいましたが、こちらで取材を思う存分できることになったので、帰国日を気にせず、取材に専念します。チームのみなさんおつかれさまでした。また来年の春に向けて頑張りましょうね。

|

2010年9月17日 (金)

カトマンズにいます。こちらでは友人のカメラマンディペンドラの事務所に住まわせてもらっています。静かな住宅街の中にありとても快適です。こちらに来て驚いたのでは、以前に比べて渋滞がひどいことです。どこへ行っても渋滞で嫌になります。取材の方はディペンドラのおかげで順調に進んでいます。久しぶりのネパールなのでこちらでの滞在を楽しみたいと思います。

|

2010年9月12日 (日)

電子書籍の原稿もひと段落し、バンコクでの取材もヤマ場を超えました。そろそろネパールに入る予定です。20代前半、カメラマンとして駆け出しの頃、ネパールで撮影を続けていた子どもたちの写真をこのたびまとめることになり、どうしても今の状況も入れたいと思ったのがネパールへ足を運ぶ理由です。去年はネパールに行っていないので、久しぶりです。ここ数年、マオイストなどの政治問題や社会問題にカメラを向けていたので、ほとんど子どもたちにカメラを向けることはなかったです。子どもは社会の鏡とも言いますし、しばらく社会問題に目を向けたことは、ネパールの子どもたちをまとめるうえで、良かったのではと勝手に思っています。ただ、今から15年前に何も考えず撮っていた子どもたちの写真を今回持ってきて、見返しているのですが、今の自分には撮れない写真だなと思います。へたくそな写真なのですが、その時の一途な気持ちが乗り移っているような気がして、何とも言えぬ良さがあるなと思うのです。自画自賛でどうし様もないですが、来年中には形にできると思うので、一度眺めてもらえればなと思います。

|

2010年9月 8日 (水)

連日、取材でバンコクの中を動きまわっております。朝から取材に出ているので、夜は早めに部屋に戻るようにしています。今日は8時には部屋に帰ってきました。意外に忙しくしているので、まだ大好きなMBKデバートにも行けてません。夜ふかししていないのは、一休和尚に娘さんが生まれて、忙しくしているので、まだ一回しか会っていないのも大きいでしょう。バンコクに来て、こんなに規則正しい生活をするとは思いませんでした。それではまた。

|

2010年9月 5日 (日)

何とか原稿もひと段落したので、夜9時過ぎからバンコク在住のフリーライター黒田氏と合流して、ニューハーフがいるゴーゴーバーなどをまわる。ニューハーフの店はダンサーの現実感のないきれいさと、店にいる客もダンサーもすべて男だと思うと、頭が混乱してくる。その後、店を出てバービアで頭の混乱を鎮めてから、アイリッシュパブで深夜にフィッシュ&チップスを食べて解散。黒田氏はバンコクを拠点に取材活動をしているが、元々は勘当同然で家を追い出され、イギリスに留学していた。日本人離れした顔つきをしているので、ロンドンの下町あたりのパブで酔っぱらっている労働者風情に見えなくもない。バンコクにはアイリッシュパブが多いので、このところ黒田氏やもうひとりの油っこいものの食べ過ぎで、頭から油が噴出している一休和尚とよく行っています。

|

2010年9月 2日 (木)

バンコクに入りました。こちらは意外にも日本より涼しいです。こちらでは何本か取材の予定が入っているのですが、空いた時間で、ひたすら原稿を書いています。おかげで、取材以外では出歩けそうにありません。裁判所に出廷する押尾学に似ていると言われて、キレていた野球のチームメイト磯さんから偽物のブルガリを頼まれていて、それも買わなきゃいけないので、早く終わらせたいものです。ブルガリはキャバクラ用に必要とのこと。タイでの取材が終えたら、ネパールに向かいます。久しぶりなんで楽しみです。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »