« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

久しぶりのボゴタ滞在を終えて、今ボゴタの空港でこのコメントを書いています。以前の取材でお世話になった人々もみな元気ででした。ただ残念なのは、度胸があって気の良い運転手だったアルバロと会えなかったことです。いずれの機会に会えればと思います。ボゴタの旧市街はチリのそれと比べたら、数段緊張感がありました。目つきの悪い兄ちゃんも多かったです。地方からボゴタへやって来て、物乞いをする人々やホームレスの姿も目に着きました。末端の人々の生活の苦しさはどこの国で似たようなものです。これからロスを経由して、長時間のフライトの後に日本です。日本は寒いだろうな。

|

2010年1月26日 (火)

_eps0656

今日で何とか取材を終えることができました。こちらに来る前は、どうなることかと思っていたのですが、今はほっとひと安心しています。10日ほどの滞在でチリを後にしなければならないのですが、旅の終わりはいつも、もの悲しいです。さすがにいつまたここに戻って来られるかわかりません。ひょっとしたら、またすぐ来ることになるかもしれないし、もう来ることはないかもしれない。そう考えると、町を歩いていても、柄にもなくちょっとセンチメンタルな気持ちになります。それにしても良い町だったサンティアゴは、長く住めば当然嫌な面も見えてくるのでしょうが、行きずりの旅行者にはすごしやすい町でした。いつか時間と金ができたら、数か月かけて南米を旅してみたいです。アルゼンチンやブラジルにも行ってみたいし、ボリビアやペルーも見たい。行きたい土地ばかりです。あと一日サンティアゴに滞在して、あさっては久しぶりにコロンビアボゴタに入って、それから帰国する予定です。

|

2010年1月24日 (日)

_eps0500

南米というと治安が悪いイメージがありますが、以前訪ねたコロンビアもそうでしたが、一部の地域を除けば、人は気さくでおおらかだし、町を歩いていても心地よいです。取材の帰りに旧市街の目抜き通りを歩いていたら、トランペットを吹いているおっちゃんがいました。スペイン語ほとんどできないので、ブロークンにもなっていないスペイン語でおっちゃんに話しかけ、コインを地面に置いてあった帽子に入れて、一曲リクエスト願いました。おっちゃんも盛んに何やら言ってきましたが、さっぱり意味がわからない。まったく噛み合わない会話を数分続けた後、おっちゃんが吹いたのは、何と故坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」でした。これにはびっくりしました。まさか地球の裏側で上を向いて歩こうを聞くとは、同時にものすごく感動しました。会話はまったく噛み合ってないと思っていたのは僕だけで、おっちゃんは僕を日本人だとわかり、吹いてくれたのでした。心地よい数分の時間は良い思い出となりました。おっちゃんのようにさり気なく人を幸せにできることは、素晴らしいことです。中には愛想が悪く、ひっぱたきたくなるような人もいますが、こうしたささやかな偉人がそこかしかにいるのが、サンティアゴの良いところです。

|

2010年1月23日 (土)

R0014146_5

日本を出てから、ロスにはじまりンティアゴに来てからというもの、町の中をかけずり回っていて、休んでいなかったので、今日は昼過ぎまで寝て、仕事をやらず休むことにした。こちらは意外と物価が高いので、オフということで地下鉄で町の中を散策。地下鉄の中でカメラを構えていたら、窓ガラス越しに女性と目が合ったというより、何をやってんだと睨まれた。彼女にとっては何のことはない日常である地下鉄の中、そこにいきなり現れたパナマ帽をかぶった不審な男、おそらく二度と会うことはないだろう女性との一期一会、こうした瞬間を極力残しておきたいなと最近良く思います。

|

2010年1月22日 (金)

何とか町の空気にも慣れ、取材に勤しんでおります。チリで超有名な女性の取材でこちらに来てますが、このところ連日彼女と娘の話題でメディアはもちきりです。飛んで火に入る夏の虫よろしく、そこにに飛び込んだものですから、チリのメディアは僕のことを日本で彼女と娘をデビューさせるプロデュサーと勝手に勘違いして、取材に来た僕が取材を受けています。今朝の新聞とワイドショーにも登場。そして今日も市場で昼メシを食っていたら、テレビのリポーターが現れ、インタビューを受け、プチメディアジャックです。ちょっと困ってます。おかげでタクシーの運ちゃんにもテレビに出ていたなと言われる始末。安ホテルに泊まって、オンボロタクシーで移動している男がテレビのプロデュサーのわけないだろう。ちょっとは落ち着けー。(喝)

|

2010年1月19日 (火)

_eps0158

はるばるとチリのサンチャゴまでやって来ました。こちらは日本から12時間遅れです。ロスを経由して合計22時間飛行機の中。さすがにサンチャゴに着いた時は頭がぼーっとしてました。今日は街の中を地図を片手に歩き回り、ある程度街の様子を頭に入れておきました。何だかんだ5時間は歩いてました。初めての街はこうして慣らしておくと、頭の中に地図ができて、スムーズに事が運べるようになります。さすがに今日は疲れたので、ぐっすり眠れそうです。

|

2010年1月16日 (土)

旅立ち前はいつも慌ただしい。すべては前もって準備をしておかない自分の怠け癖が原因。今日の夕方から飛行機に乗らなければならないのだが、準備は終わっておらず、さらにはこれから原稿も仕上げなければ。旅好きなのに飛行機嫌いという困った性分、いつも夢想するのはこのままコタツに入ったまま、海外に行くことはできないかということ、どこでもドアならぬどこでもコタツ。そんなことできるわけないんですけどね。今回訪れるのは南米のチリ、初訪問の国ですが取材頑張ってきます。

|

2010年1月14日 (木)

火曜日、群馬の山奥で取材後、アパホテルならぬヒルトップホテルに滞在し、ホテルのバーでひとりグラスをかたむけていた文豪を奇襲。神田界隈で食事を取ったあと銀座へ。襟立てトレンチの文豪と山男ジャンパーの僕、前を歩く文豪には客引きがしつこく声を掛けてくるが、僕には誰も声を掛けてこず、ちょっと寂しい。銀座の街並は華やかな表通りと雰囲気のある裏路地のコントラストが、様々なことを想起させて何とも良い。勿論文豪行きつけのバーも良かった。いい気分で過ごしてたら、危うく終電を乗り過ごしそうになり、カメラバックを抱えて銀座の街中を久しぶりにBダッシュ。

|

2010年1月10日 (日)

なぜか、この時期アメリカ行きの航空券が取れず、ひと苦労。アメリカから南米までは空いている。そんなわけで今日になって、航空券の手配をすべて終えた。ハゲボンにはネットまで見てもらって感謝。エグゼクティブセクションに在籍しているらしいが、客が僕のようにエコノミーしか買わない連中しかいないので、全然エグゼクティブじゃない。おそらくまだ一枚もビジネスやファーストクラスを売ったことがないんじゃないか、腐れ縁が二十年近くになる友人としては心配である。出発までに国内でいろいろとやることがあるので、今週は忙しくなりそう。それにしても、以前ボゴタから飛行機に乗るときもう来ることはないと思っていた南米にまた行くことになり、嬉しいといえば嬉しいが、飛行機が大嫌いな僕には、長時間のフライトが苦痛であり恐怖です。

|

2010年1月 8日 (金)

Image110_2

2005年以来、5年ぶりに南米に行くことになりそう。今日は一日家で、最近銀座から新宿に飛ばされたHISのロシアンルーレットことハゲボンと航空券の相談。このブログを書いている今も相談中。なぜか日本からアメリカのロスまでが大混雑。先日、久しぶりにコロンビアでの取材ノートをめくっていたら、現地で取材をサポートしてくれた女性のメアドが出て来た。取材以来それっきり連絡は取ってなかったので、返事は来ないかもと思ってメールを出したら、ハゲボンとの相談中に返事が来た。彼女には取材対象者を紹介してもらったりと大変お世話になった。彼女の存在がなければコロンビア取材はうまくいかなかった。それにもかかわらずの不義理。何日かボゴタの町を一緒にまわって、一番印象に残っているのは、彼女が毎週通っていた教会に行ったこと。どこの国に行っても、寺院よりは教会が何となくしっくりくる。宗教としては仏教思想が一番しっくりくるのだが、建造物はなぜか教会。そんなわけでコロンビアでも行く町で名も知らぬ教会に足を運んだ。彼女のメールには、今でも教会に通っていて、時おり教会で僕のことを思い出すと書いてあった。教会の中で不審な日本人が祈りを捧げる現地の人々に無遠慮にカメラを向けていたから、印象に残っているのだろう。彼女が住んでいたアパートの住所は知りませんが、無機的な液晶を通じて、地球の裏側とコンタクトが取れるネット、便利なのか何なのか、そんなことを思いました。

|

2010年1月 5日 (火)

R0012473_4

黄金町摘発から今年で5年になる。以前からこの町にカメラを向けてきたけれど、今年は改めてじっくりと黄金町に暮らす人々にカメラを向けてていきたいとおもっています。それにしてもこの町にいた女性たちはどこに行っちゃったのかな。許されるなら、女性たちの今も写しこみたいですね。<

|

2010年1月 2日 (土)

あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。いつものことですが、正月になってから年賀状を書いています。皆さん年末にどうやって時間を作って年賀状を書いているんですかね。たいして忙しくもないくせに、年末にはどうも書く気が起こりません。毎年、正月に入ったら書くようにしています。それなので忘れた頃に年賀状が届くと思います。いきなり届いても返信不要ですので気になさらないで下さい。今年は、数年ぶりに祖父の墓参りに行ってきました。もう骨になっているのに墓参りして何になるなんて、以前は思っていたのですが、年を重ねてくると祖父だけでなく祖先に素直に頭を垂れたくなるものですね。数十年ぶりに近所の神社にもお詣りに行こうかなと思っています。地元の山の中にある江戸時代の馬頭観音にも先祖の名前が彫ってあるので、脈々とこの土地で生きてきたんですね。この正月はドラクエ2をやりながら、時おり先祖に思いを馳せ、のんびり過ごしたいと思います。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »