« | トップページ | »

2009年10月31日 (土)

Img_0172_1

ホーチミンに入りました。着いた途端に洗礼のスコール。ベトナムを訪れるのは鳥インフルエンザの取材で来て以来なので、五年ぶりでしょうか。前回はハノイだったのでホーチミンははじめてです。昨日はカメラの準備や何やらで結局一時間しか寝れませんでした。おかげで飛行機の中で機内食もほとんど食べずぐっすりと寝ました。空港から街中を走ってホテルに入りましたが、かつてフランスの植民地だったとあって、見事なコロニアル建築と、街路樹が植えられた広々とした道路を目にした時、一瞬ヨーロッパに来たような錯覚を受けました。ホーチミンといえば、ベトナム戦争当時、数多くのカメラマンやジャーナリストが滞在し、取材者が輝いていた時代の象徴のような街でもあります。今では日本人女性に人気の旅行地のようですね。ホテルを出て近くの市場を歩いていたら、日本人を多く見かけましたし、ベトナム人の売り子に「扇子買わない?」と日本語で話しかけられ、「いらないよ」と言ったら、「何でやねん」と返された時は、思わず笑っちゃいました。誰か旅行者が教えたんでしょうね。市場の売り子はバックパッカーにとって格好の暇つぶし相手ですからね。僕も学生時代に中国の敦煌を旅した時、市場でうまい汁粉屋を見つけ、そこの主人と仲良くなり、看板を書いてあげたことがありました。その看板の文句は宮内庁御用達。中国人の主人がその意味を知ったら怒り出す、とんでもないことをしたものでした。

|

« | トップページ | »