« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

このところ取材で池袋に通っています。以前練馬に住んでいた頃、よく利用した駅ですが、取材で訪れている北口周辺はあまり歩いたことが無かったので、ある意味新鮮です。

|

2009年9月29日 (火)

昨日からジョギングをはじめました。野球をはじめてから、体が満足に動かないことにもどかしさを感じ、何とかしたいと思ったのがきっかけ。積年の運動不足により溜まった脂肪を少しでも減らすことができれば、体にキレが出てくるのではないか。淡い期待を胸に抱きながら深夜にひとり走り続けます。そして、またしてもグローブを買ってしまいました。現役時代のプレーを生で見たことはないですがミスターこと長嶋茂雄モデルのグローブです。実はミスターの大ファンで、大学時代の草野球チームでは背番号3をつけてました。華麗な守備と躍動感のあるランニング、三振すらも絵になる偉大な選手でした。ちなみにグローブは2年前にローリングスが120周年記念として復刻したXPG-3というモデルです。記念モデルなのでもう作られていませんが、コレクションアイテムとして飾っておくのではなく、ガンガン使います。ただ硬式用のグローブなので試合で使うまではしばらく時間がかかりそうです。

|

2009年9月25日 (金)

Dsc_0007

久しぶりに黄金劇場に顔を出して、ママに挨拶。この写真を撮ったのが1月だから8ヶ月ぶり。「まだ写真やってたの?」とママ。「まだ細々とやってます」と僕。その後聴き舎マスターとこれまた久しぶりにキングつけ面。夜から池袋で取材をして深夜に帰宅。

|

2009年9月21日 (月)

昨日は黄金町球団ゴールデンタウンの初陣。試合結果と打てなかった自分への怒りでやっと今になって結果報告です。ダブルヘッダー第一試合5−2負け、第二試合30−2負け。我が草野球人生初の記録的大敗。第一試合は通常の布陣で望み野球になったが、第二試合は先発できるピッチャーがおらずチームを結成して10年になるという相手にこてんぱに打ち込まれた。思えば大学時代の草野球チームも記録的大敗からはじまった。そして今回も大学時代と同じく3三振のスタートだった。あの時はバットを叩き折り放り投げたが、今回も思わず放り投げてしまった。野球となると熱くなってしまう気質は昔のままか。なぜかHIS釜井も参加していた反省会は熱気ムンムンであまりの暑苦しさに常連さんが逃げて行った。そういえば早朝にもかかわらずジュースとおにぎりをチームのために差し入れをしてくれたモカちゃんどうもありがとう。エースの文豪もブログで報告してますが、個性豊かな面々が集合している当チームはきっといいチームになります。

|

2009年9月18日 (金)

池袋にて取材後、新宿G街パパスへ。ミスターバンコク氏と合流し野球談議。いよいよ初試合が近づいてきた。草野球を本格的にはじめるに当たって、僕もグローブを買いました。久保田スラッガーというメーカーのものです。同時に野球肩の治療のため連日ゴムチューブでインナーマッスルを鍛えています。その効果なのか、高校時代とまではいかないものの、だいぶ肩の具合が良くなってきました。

R0014009

|

2009年9月15日 (火)

Dsc_1525

最近入手したオリンパスのコンパクトカメラ。デジカメが市場を席巻し、このようなコンパクトカメラがお手頃価格で手に入るようになりました。オリンパスのサイトを見てみたら、1992年に発売された型のようです。このカメラはすぐに撮影状態に入れるのと、シャッターの反応がいいので、スナップ撮影で使えそうです。日本では現像プリント代が高いですが、ネパールに行った時には、現地でフィルムを買ってよく撮っています。オリンパスから最近デジタル一眼のペンが発売されたましたが、一眼ではOM-1を愛用しています。オリンパスというメーカーは渋いカメラを作り続けていますね。

|

2009年9月13日 (日)


青森から戻りました。かつては東北地方から上京する人々の玄関口であった上野駅。今では新幹線も東京が終点となり、ホームの風景も味気ないものとなってしまいました。僕の好きな写真集に本橋成一さんの「上野駅の幕間」という写真集があるのですが、本橋さんが写し撮った光景も遠い昔になってしまったんですね。  


_eps7826_9


|

2009年9月12日 (土)

_eps7794_7

青森港です。今回は過去と最近の事件の取材で青森に来ています。時代によって人も変われば、事件も変わります。当たり前と言ったら、当たり前のことですが、そんなことを改めて噛みしめています

|

2009年9月 8日 (火)

桜木町にて写真雑誌のインタビューを受ける。対談相手の女性写真家とは十数年ぶりの再会。当時はお互いに駆け出しで、手書きの名刺を渡されたのを覚えています。彼女はそれから数多くの良い仕事をされていてドキュメンタリー写真の世界では誰もが知る人物に。それにしても時が経つのは早いですね。写真をはじめたきっかけや、文豪、釜井と暮らしたおもだか荘時代の話から、最近の仕事などを話す。以前はおもだか荘の話は恥ずかしくて、あまり話したくなかったのですが、最近は懐かしい笑い話として話せるようになった。それだけ年を取ったということか。ライターさんにお酒を飲まないのにゴールデン街に行くのですねと聞かれたのだが、何でライターさんは僕が酒を飲まないことを知っていたのか。ちょっと気になる。明日は始発で青森に向かいます。野球漬けの日々もしばしの別れです。

|

2009年9月 6日 (日)

ウルムチで厳戒態勢が続いているようです。7月5日以来の治安悪化に漢人が自治区政府トップの辞任を求めているとのこと。今回の数万人規模のデモは自然発生で起きたのではないだろうなと思います。というのは胡錦濤と上海閥である自治区トップの対立が以前から言われていて、デモを利用した権力闘争ではないかと思います。いつのまにかウイグル人と漢人の対立という図式から自治区トップの問題へと焦点がすり替えられています。ウイグル自治区のウルムチではウイグル人と漢人の割合は1対6、漢人が大多数を占めていて、本来の主であるウイグル人は脇においやられています。今回のデモを見ていると、勝手にやってろという気になってきます。

|

2009年9月 5日 (土)

昨日はゲラチェックのかたわら、ミリオン野球チームに参加、野球好きのライター小野、村瀬両氏も参加し、野球談議で盛り上がる。それぞれが他人から見ればどうでもいい思い入れが強いので、楽しいひと時だった。最終回2点差まで追い上げられ、難しいバウンドのサードゴロをランニングスローした小野さんのプレーは素晴らしかった。人は見かけによらないものだとつくづく思った。僕のプレーは置いといて、試合後小野さんとゴールデン街を梯子して、深夜まで野球談議。ウーヤンこと宇野勝(銚子商業ー中日ーロッテ)が素晴らしいショートだということで意見の一致を見る。

|

2009年9月 3日 (木)

今月の半ばにいよいよ初試合となりました。グローブの手入れにも熱が入ります。この年齢になると、グローブを買うことは経済的に厳しいことではないです。それよりは家人の冷たい視線の方が気になります。新しいグローブを手に入れると、素直に嬉しいのですが、やはりはじめて買ってもらった時の感動を越えられません。今でもイセザキ町にあるスポーツ屋でミズノのグローブを買ってもらった日のことは覚えています。小学三年生の僕にはちょっと大きい、オールラウンド用でした。野球へのひたむきさや体のキレは十代や二十代の頃と比べるまでもないですが、幸いにも黄金町に身を置いてから、人の縁にも恵まれ今一度チームを結成しグランドに立とうかという気持ちになりました。今までも野球はやりたいなと思い続けていたのですが、最低でも9人が必要な団体スポーツですので、なかなか機会には恵まれませんでした。やるからには真剣に楽しく、横浜市の大会を勝ち抜けるように頑張りたいと思います。少年時代の野球とは違ったおもしろさが有る筈ですし、新たな喜びを今回のチームの中で得られればと思っています。

|

2009年9月 1日 (火)

台風の暴風雨の中、新宿に出て撮影。幸いにも屋内での撮影だったので、びしょ濡れになることはなかったが、それにしてもすごい風雨だった。押尾容疑者の保釈を警察前で待ち構えていたカメラマンは大変そうだったな。かつてはあの中にいただけについつい取材陣の方に目がいってしまう。

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »