« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

高山地域から下りてきて初日に驚いたのは、夜レストランからホテルに向かって大きな交差点を歩いている時のこと、途中で信号が変わったので、慌てて走ったら、足が凄く軽く感じたことだ。飛んでるような気分と言ったら大袈裟だが、何だか仙人になった気分。取材地域では10m歩くのにも頭がくらくらしていたので、何だか嬉しくなって、時おり街の中を細かくダッシュした。ただ昨日あたりから、軽くなった足もいつもの足に戻り、とぼとぼと走ることなく歩いている。それにしても気持ち良かった。

|

2009年2月26日 (木)

久しぶりにネットが出来る街へと戻ってきました。この一週間、電話もネットも無い場所にいたので、ネットも携帯も無かった20代前半の頃の旅を思い出して新鮮な気分でした。ただ、標高が3000m以上の場所にいたので、あの苦痛を久方振りに思い出しました。高山病です。毎日頭痛で夜も眠れず、朝まで呻き続けてました。普通は高度順応が済むと楽になるものですが、日に日に状態は悪化するばかりで、ついには最後の砦食欲まで無くなり、ある日の食事を再現すると、朝食一片のリンゴ、昼食水餃子三個、夕食ウインナー一本。兎に角辛かったです。おかげで少しは痩せました。出発前、わざわざ中国在住のアメリカ人医師が効く薬を教えてくれたのに、敢えて街の薬局で売っていた薬を買っていったのが間違いでした。僕には効かなかった薬をアップしておきます。
R0013509_2

|

2009年2月18日 (水)

勝手にニイハオ第5回

いよいよ明日成都を出て、四川省内の取材を開始します。そういえば、昨晩撮影がてら街を歩いていたら、ブランド品店が並ぶ通りがありました。そのショーケースをアップします。せっかくのブランド品もなんだか、いけてないですね。それにしても中国人はジャンパーが好きだな。
 L1002798_3

|

2009年2月16日 (月)

のんびり鉄道に揺られ、蜀の国成都へとやって来ました。食堂車に座って、外の景色をぼーっと眺め、何とも贅沢な時間でした。中国での移動は鉄道に限ります。成都には麻婆豆腐やら名物がたくさんあるので、楽しみです。一人で取材をしていると食べることだけが楽しみです。明日一日、日本でやり残してきた原稿を仕上げて、あさってから取材に出ようと思っています。あまりすっきり晴れることが無いと言われている成都だけあって、今日はどんよりと曇っています。北京に比べたら暖かいのが嬉しいです。

|

2009年2月14日 (土)

北京に入りました。ちょっとこちらは寒いですが、今日から自転車で頑張って取材してます。ギアのついていないママチャリだったので、ちょっと疲れました。明日は間違いなく筋肉痛です。自転車に乗っていたので、地元のオッチャンだと思われ、今日だけで四回も道を聞かれました、行った場所は観光客が来ない場所だけに仕方ないですけどね。明日の夜北京を出て、成都に向かいます。

|

2009年2月13日 (金)

いよいよ今日から、中国に行ってきます。出発前の慌ただしさはいつものことで、まだ準備が終わってません。昼過ぎの飛行機で北京に入って、そこから動き出します。現地で原稿を何本か書かなければならないので、忙しい取材になりそうです。現地から、中国食い倒れ日記をアップしようかと思っているので、楽しみにしていてください。

|

2009年2月11日 (水)

ちょこちょことサッカーを見ながら、取材の準備やらバンコクの写真整理。日本に勝ってもらいたかったけど残念。それにしても子どもの頃から、野球やサッカーの大きな試合があると、どっちが勝とうが負けようが自分には関係無いのだが、試合の日は朝からそわそわして、何事も手につかない。相変わらず今日も何も手につかず。これから、朝まで頑張らないと。

|

2009年2月10日 (火)

新宿にて昼前からインタビュー、その後有楽町にてまたインタビュー。夜は黄金町にて打ち合わせ。金曜日からまた海外に出るので、出発前はやっておくことが何かと多い。今回は一ヶ月ほど日本を出る事になるので、戻って来るのは桜の咲く頃か。

|

2009年2月 7日 (土)

帰国しました。ひとつの取材を終えると、ぱっと頭が切り替わるもんなんですけど、今回の取材の余韻に浸っております。すばらしい経験ができました。来週から、中国へ行きますが、この流れでいい取材ができればと思います。

|

2009年2月 4日 (水)

バンコクにいます。メインの取材は無事に何とか終えました。取材の交渉から撮影まで緊張の連続でした。僕には珍しく、食欲が無かったほどです。ヨーコさんとわざわざ手伝いに来てくれた聴き舎マスターには感謝です。こちらでは何件かの用事を済ませ、あさって帰国します。

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »