« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

昨日は、深川の巨匠、ミリオン出版の梁瀬副編と三人で、聖火リレーを取材。自転車と徒歩で、走り回ったので、さすがに疲れた。沿道には中国人の留学生、思った以上にフリーチベットを叫ぶ人も多かった。さすがに今日は全身筋肉痛。

|

2008年4月24日 (木)

昨日は上原邸に、いつもの馬鹿騒ぎ軍団がお邪魔し、上原シェフ手作りの料理に舌鼓。食い道楽専門かと思っていた上原の料理の腕に驚く。さすが味にうるさいだけある。特製ヤキソバやたこ焼きなど関西庶民の味に、同じく関西出身のプリンスがそっぽを向いて、ほとんど手をつけなかったのは、意外だった。ひさしぶりにキラー梅さんの般若顔も拝めたので、大満足の食事会であった。それにしても大騒音で、マンションの廊下まで笑い声が響き渡っていたという。二度目はないかもな。

|

2008年4月22日 (火)

今日は昼過ぎから、黄金町で田村さんと会合。横浜から様々なことを発信していこうということで、計画を話しあう。それと、来月から黄金町のちょんの間を一室借りて、事務所とすることにした。僕が借りる予定のちょんの間は、目の前に大岡川が流れ、とても眺めがよい。ただ、田村さんをはじめ黄金町界隈には、知り合いが多く、遊んでしまいそうで、まったく仕事になりそうもなく、事務所というよりは遊び部屋といったほうが正しい。田村さんとの会合後、家事をほったらかして、都内をふらついている長野の干し柿おばさんから連絡があり、彼女が現在、取材だか何だかをしているテーマのことについて相談を受ける。干し柿おばさんがあずさに乗って帰ったあと、ルノアールにて原稿書き。最後にひとつお知らせです。6月末に中国取材をまとめた単行本を出版の予定です。前作より写真の比率が多くなりますが、それでもある程度原稿を書かないといけないので、ただいま必死に書いているところです。タイトルなど詳細が決まりましたら、随時報告しますので、楽しみにしてください。

|

2008年4月21日 (月)

昨日は午後から、業界新聞の記者で友人の坂本さんと、料理人としてイラクに入り、彼の地の取材をしてきた安田さんと会う。2004年にイラクに行った時、バグダットの安宿で安田さんのことを見かけたことはあったが、話しをするのは今回がはじめて。イラクへの入国が困難な昨今。就職斡旋会社を通じてイラクに入るという離れ業には驚いた。取材に対する執念がなせるわざか。横浜市内を案内し、夜中華街の外れにある名忘れの食堂で大盛り麻婆丼を食べながら、今後のテーマのことなど諸々のことを話す。有意義なひとときであった。

|

2008年4月19日 (土)

今日は一日、写真の選択と読書。体調もやっと回復し、来週からはまた取材やら何やらで、ドタバタとしそう。それにしてもひどい風邪だった。体力を過信しすぎるのは、よくないとわかっているのだが、まだまだ20代の感覚で動いてしまい、とんでもないツケを払わされる。昨年ぐらいから、長期取材に出ては、体調を崩すことの繰り返し。フリーランスは体が資本だから、ちょっとは気をつけねば。

|

2008年4月17日 (木)

昨晩から徹夜で、梁瀬君と中国の写真選び、雑誌の入稿時期が重なり疲労困憊の様子で、梁瀬君は帰って行った。一週間以上体調が悪かったが、今日になって少しは回復。今週はじっくりと家にこもって、写真選びを続ける予定。

|

2008年4月15日 (火)

昨日は、都内で用事を済ませたあと、カメラマンの会田さんと久しぶりに会合。龍門で中華を食べ、喫茶店でコーヒーを飲みながら、仕事のことや今後のテーマなど、有意義な時間をすごせた。ただ、帰宅後体調が悪くなり、今日は一日中寝込む。

|

2008年4月14日 (月)

旅人二人は昨日の午前中、東京へと向かって行った。シルベスタはあと2年は世界一周自転車旅行を続け、ラバーンはバスクまでユーラシア大陸を自転車で帰るという。ただただ彼らの無事を祈るのみ。体調もやっと回復に向かい、がらがら声ではなくなってきた。

|

2008年4月11日 (金)

昨日は大雨の中、海外からの来客が二人、自転車で出迎えに行くが、家の前の坂道では荷物を何も積んでいない僕が、一番先に自転車を降りてしまう。ポーランド人のシルベスタが33才、デンマーク人ではなくて、バスク人のラバーンが34才、たいして年齢は変わらないのだが、年齢の差以上の衰えぶりである。家でゆっくりと寛いでもらい、明け方まで旅の話に耳を傾ける。うちの親父も日本文化を知ってもらおうと思ってか、音程のずれまくった下手くそな詩吟と思しきものを披露。あんまり人前で歌わない方がいいな。

|

2008年4月 9日 (水)

昼から都内で打ち合わせをひとつ、その後深川御殿にお邪魔する。針治療に行くという大将に一時間で追っ払われて、銀座でカメラの修理。その後銀座で画家の純平とコーヒー。体調が完全でなく、ガラガラ声にもかかわらず、ついつい会話が弾む。19時過ぎに銀座のバーへ行くという純平と別れ、さすがに疲れたので帰宅。明日は、中国からの帰りのフェリーで出会ったチャリンコで世界一周中のポーランド人とデンマーク人が我が家に宿泊の予定。横浜に来るなら、寄れよと言ったものの、よりによって体調が悪い時に来るとは。ソーリーと断ろうかと思ったが、日本スタイルの家に泊まれと言った手前、断るわけにもいかず。明日、昼過ぎにチャリンコで向かいに行かなければ。明日は天気も悪いみたいだし嫌だな。大磯の文豪の家にピットインしてもらおうか。

|

2008年4月 8日 (火)

昨日は突然高熱が出て、一日寝込む。今日もまだ調子が良くない。中国の疲れと、帰国後の遊び過ぎがたたったか。締め切りが迫っている原稿があるので、頑張って書かなければ。

|

2008年4月 6日 (日)

昨日は夕方から、球春よ再びの文豪と会合。近況を語り合う。今週は、何だかんだ出歩いたので、来週からはじっくりと仕事をしなければ。

|

2008年4月 5日 (土)

勝手ニイハオ 第四回

R0011696

ニイハオとカメラを向けたら、撮らないでと顔を隠されてしまった。中国ではこんなことが何度かありました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

木曜日は午後から都内で打ち合わせ、その後新宿に移動し、朝まで久しぶりのドンチャン騒ぎ、バリ島帰りの武蔵、ハゲボン、ミスター、プリンス、はなわを悪人面にした小松カメラマン、子連れ狼、梅さんがパパスに集合。昼過ぎに帰宅し、中国の写真整理。夜は、山崎さんと中国取材の打ち上げ、なぜかその場に番長が現れた。聞けば、山崎さんが神保町を歩いている時、おい山崎どこ行くんだと声を掛けられ、勝手に着いて来たという。帰宅後再び中国取材の写真整理。

|

2008年4月 3日 (木)

昼過ぎから、ちょっぴり引き締まったF大将と打ち合わせ。相変わらずの毒舌トーク。社内で対面に座るノンフィクション作家に対して、この間の結婚式の二次会で顔を会わしたんですけど、やけにおしゃれをして、目をぎらつかせていましたよと、チクリ。僕に対しても、前から人相悪いですけど、中国に行ってから、ますます悪くなりましたねと、毒を吐く。打ち合わせ終了後、すぐに帰宅し原稿。それと、昨日購入したギリシャリクガメの世話。

|

2008年4月 2日 (水)

昨日は夕方から、タイ取材から帰ったばかりの高橋さん、梁瀬君といつものスポーツバーにて諸々の密談。仕事の打ち合わせのはずだったのだが、この三人が集まると、いつものように話は脱線。ただ、中国関連の仕事で、おもしろいことができそう。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »